CentOS 7 ネットワーク設定 (CentOS 7.5)

2018年6月25日CentOS 7, Linux

CentOS7インストール後ののネットワーク設定を行います。
CentOS7では、ネットワーク管理をNetworkManager経由で行うことが推奨されるようになりました。
ネットワーク設定に関しては、NetworkManagerに対して行っていきます。

ネットワーク設定

CentOS7では、ネットワーク設定をする方法は、以下の3つあります。

・nmtuiで設定
・nmcliで設定
・デスクトップ環境で設定(GNOME Desktop のインストールが必要です。)

今回は、コマンドラインでの設定をしていくので、「nmtui」と「nmcli」での設定をします。

※デスクトップ環境での設定は、「アプリケーション」→「システムツール」→「設定」→「ネットワーク」から設定してください。

nmtuiでの設定

コンソール上でGUIを使って設定します。
nmtuiを起動します。

# nmtui

接続の編集を選択してEnterキーを押します。

設定したいインターフェイス名(ここでは「enp0s3」)を選択して、Enterキーを押すか、インターフェイス名を選んだ状態でカーソルを<編集>に移動させEnterキーを押します。

DHCPの場合

IPv4設定で、<自動>を選択します。

固定IPアドレスの場合
IPv4設定で、<手作業>を選択します。
必要な情報を入力したら「OK」を選択してEnterキーを押します。

設定を反映させます。
「接続をアクティベイトする」を選択してEnterキーを押します。

nmtuiで反映させるときはいったんネットワークを無効かしてから再度有効化させます。

ネットワークを無効化させます。
インターフェイス名を選択してEnterキーを押すか、インターフェイス名が選択された状態でカーソルを<解除>に移動させEnterキーを押します。

ネットワークを有効化させます。
インターフェイス名を選択してEnterキーを押すか、インターフェイス名が選択された状態でカーソルを<アクティベイト>に移動させEnterキーを押します。

これで設定は完了です。
また、ホスト名を設定したいときは、nmtuiトップメニューで「システムのホスト名を設定する」から設定できます。

nutuiを終了して、設定確認をします。
(「ipconfig」でも確認できますが非推奨とされています。)

# ip address show

設定したIPアドレスが表示されているか確認します。

 

nmcliでの設定

コマンドラインを使って設定をします。

ネットワークを有効化させます。

# nmcli networking on

ネットワークが有効かを確認します。
※サブコマンドは省略できます。(connectivity → c )

# nmcli networking connectivity

ネットワークを無効化させるとき

# nmcli networking off

DHCPの場合

# nmcli connection modify enp0s3 ipv4.method auto

# nmcli connection modify enp0s3 ipv4.addresses “"

# nmcli connection modify enp0s3 ipv4.dns “" ipv4.dns-search “"

 

固定IPアドレスの場合

# nmcli connection modify enp0s3 ipv4.method manual

# nmcli connection modify enp0s3 ipv4.addresses “192.168.100.10/24 192.168.100.1"

# nmcli connection modify enp0s3 ipv4.dns “192.168.100.1"

# nmcli connection modify enp0s3 ipv4.dns-search “sanakoro.com"

※ipv4.addressesの項目は、”IPアドレス ゲートウェイ” を入力します。

設定済みの項目に追加したり削除したい場合は、「+」「-」を使って設定します。

DNSサーバーを追加する場合

# nmcli connection modify enp0s3 +ipv4.dns “192.168.100.2"

DNSサーバーを削除する場合

# nmcli connection modify enp0s3 -ipv4.dns 0

※上記の場合、削除の時の「0」はインデックス番号です。インデックスは0からです。
インデックス0-192.168.100.1
インデックス1-192.168.100.2

設定を反映させます。

# systemctl restart NetworkManager restart

 

設定確認をします。
(「ipconfig」でも確認できますが非推奨とされています。)

# ip address show

設定したIPアドレスが表示されているか確認します。

従来の設定方法

設定ファイルの編集など、従来の設定方法でも設定可能になります。(非推奨とされています。)

現在のネットワークの状態を確認します。

# ifconfig

[eth0]の項目にIPアドレスがなく、ローカル環境([lo])しか有効になっていないので、ネットワーク設定を追加します。

ネットワーク設定は、"/etc/sysconfig/network-scripts" フォルダにある “ifcfg-eth0" というファイルで設定します。
(「eth0」のインターフェイス名は環境によって異なります。)

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

起動時に設定を有効にします。

DHCPで設定をする場合は、BOOTPROTOを[dhcp]にします。

固定IPアドレスで設定する場合は、BOOTPROTOを[none]または[static]にします。

固定IPアドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、DNSアドレスを設定します。

[xxx.xxx.xxx.xxx]は各環境に合わせて設定してください。

ネットワークを有効化します。

# systemctl restart network

ネットワーク設定を確認します。

# ifconfig
[eth0] の項目に、設定したIPアドレス、ネットマスクなどが表示されていれば設定完了です。

以上で、CentOS7のネットワーク設定は完了です。

2018年6月25日CentOS 7, Linux

Posted by さなころ