CentOS 6  Apacheインストール設定 (CentOS 6.9)

2018年6月20日CentOS 6, Linux

webサーバーである Apache を CentOS 6にインストールします。

Apache インストール基本設定

インストール

Apacheをインストールします。

# yum -y install httpd

インストールされた Apache のバージョンを確認します。

# httpd -v
Server version:  Apache/2.2.15 (Unix)
Server built:      Oct  19  2017  16:43:38

 

Apache設定

Apacheの設定を編集します。

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

以下に、編集した部分のみを表示します。

ServerTokens prod                                              ←サーバー情報を隠す

ServerAdmin root@sanakoro.com                         ←管理者メールアドレス

ServerName sanakoro.com:80          ←サーバー名

<Directory “/var/www/html">
Options Includes FollowSymLinks ExecCGI     ←アクセス制御の設定
AllowOverride None
Require all granted
</Directory>

<IfModule dir_module>
DirectoryIndex index.html index.cgi index.php   ←URL省略時にアクセスするファイル
</IfModule>

ServerSignature Off                                              ←Apacheのバージョン情報を隠す

AddHandler cgi-script .cgi .pi           ←cgiの許可

※アクセス制御

  1. ExecCGI ・・・CGIプログラムの実行を許可する
  2. FollowSymLinks・・・シンボリックシンクがあるとき、それを辿ることを許可する
  3. Includes・・・SSIを許可する

Apacheを起動

Apacheを起動します。

# service httpd start

起動されているか確認します。

# service httpd status
httpd (pid   4529)  を実行中 ...

※実行中となっていれば起動しています。

 

Apacheの自動起動設定

Apacheを自動起動するように設定します。

# chkconfig httpd on

設定の確認をします。

# chkconfig –list httpd
httpd              0 : off     1 : off     2 : on     3 : on     4 : on    5 : on     6 : off

※2~5が「on」になっていれば設定OKです。

 

ブラウザで確認

ブラウザでページが開くかを確認します。
index.htmlを作成します。

# echo “It Works" >> /var/www/html/index.html

ブラウザでサーバーにアクセスします。(例 http://ドメイン名/ もしくは IPアドレス )
以下の画面が表示されればアクセスOKです。

 

以上で、Apacheのインストール設定は完了です。

2018年6月20日CentOS 6, Linux

Posted by さなころ